宇久島で一番標高が高い場所「城ヶ岳」

観光スポット

昨日でスゲ浜海水浴場の監視員アルバイトが終了し、本日から久しぶりに無職になってしまいました。来月中には船の準備が完了して漁に出ることができると思うのですが、それまでは焦らずに漁に出るための準備をしておくつもりです。

スポンサーリンク

城ヶ岳(しろがたけ、じょうがたけ、しろんたけ)とは

僕が宇久島で一番好きな場所は「城ヶ岳」です。ここは宇久島でもっとも標高が高い場所で、ちょうど宇久島の中心に位置するため、宇久島を一望することができます。しかも360度!と言いたいところですが、もっとも標高が高い場所ゆえにNHKや携帯電話のアンテナ等が立っているのと、一部で草木が茂っているので見えない方向もあるのですが、晴れた日は平戸や小値賀、中通島などを見ることができます。

標高258m

宇久高校の独立50周年記念で設置された看板によると、正式には、258.6mと書いてありました。途中までは車で登ることができるのですが、展望台までは歩かなければいけません。歩く距離は100mくらいだと思うのですが、そこそこ傾斜がきついので、気をつけて登ってください。

階段を登り切ると展望台にたどり着けます

地図

展望台には宇久島を中心とした地図が描かれている「台」があります。この地図に書いてある島と同じ方向を見ると、その島を見ることができるようになっています。

カラスの糞で汚れていることがあります。。。

アクセス

宇久島の中心に位置しています。宇久島の観光地には、ほとんど自動販売機などは置いていないので、飲み物などを持参してゆっくり風景を楽しんでください。

まとめ

ここから見える風景写真もたくさん撮ったのですが、城ヶ岳から見る風景はご自身の目で直接見てもらいたいから、あえてこれ以上の写真は載せないことにします。宇久島にきたときは、ぜひ城ヶ岳から見える風景をお楽しみください。また「城ヶ岳」という名前の焼酎も販売しているので、お土産にもおすすめです。お酒がお好きなら、ご自身のために買ってもいいですね。宇久島の落ちてきそうな美しい星空を眺めながら飲むお酒もいいと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました