約10日間の一人断酒

依存症

8月初旬に始めた一人断酒、わずか3日で失敗に終わり、それからまた毎日晩酌をしていたのですが、やはり体調がよくないのでお酒を控える必要があると思っていたところ、あることがきっかけで再び一人断酒を開始しました。

スポンサーリンク

一人断酒ふたたび

先日、宇久島のホテルでアルバイトを始めたことを記事にしました。

8/25からホテルで働くようになったのですが、短時間の勤務にもかかわらず、まかないをいただけることになったので、その日は帰宅後にまかないをアテにお酒をいただきました。そして翌日8/26の夕方にまたアルバイトに行ったのですが、専門学校に通っていた頃にレストランでアルバイトをしていた自分と比べると、体調が万全でないと感じました。加齢も原因の一つだとは思いますが、体調不良の1番の原因は毎日の飲酒だと痛感しました。たとえ短時間のアルバイトといえども、働くからには全力を尽くしたいので、この日から再び一人断酒を始めることにしたのです。

今回の一人断酒期間

期間一人断酒日数備考
8/26〜305日アルバイト初日の8/25の夜、まかないをアテにビールを飲みました。これを最後に8/26から一人断酒開始です。
8/310日宇久島の友人と飲みました。一人断酒は自宅で一人で飲まないというややゆるめのルールなので、この日の飲酒はノーカウントということになるため、一人断酒継続です。
9/1〜55日ホテルも毎日お客様が入るわけではないので、お客様が少ないときはアルバイトは休みです。アルバイトが休みだった日も特に飲酒要求はなく、一人断酒を継続しました。
10日

一人断酒終了

9/6、一人で飲みました。明日は台風接近のために漁に出られないことと、同じく台風の影響でホテルのお客様が少ないからアルバイトが休みになったことで、飲酒要求が急激に上昇してしまいました。短期ではありますが、久しぶりの断酒でした。この記事は黒ビールを飲みながら書いています。。。

まとめ

短期断酒ではありますが、思ったより体調はよくなっていません。特に、擦りむいた皮膚の治りが遅いです。これは、お酒の代わりに砂糖たっぷりのジュースをたくさん飲んでいたからだと思います。お酒も身体によくないですが、砂糖も同様によくないとあらためて感じました。ジュースを飲む習慣もよくないと思うので、昨日から麦茶を作って冷蔵庫で冷やしています。また、水道水も同じように冷蔵庫で冷やし、今日漁に出るときに持っていきました。

まだ僕はアルコール依存症までにはなっていない(と思われる)のですが、これからもなるべく一人では飲まないようにしたいと思います。特に、漁に出る前日は飲まないようにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました